2012'12.07 (Fri)

宮古島の井(ガー)巡り⑬「金志川泉(キィキャーガー)」

友利集落からイムギャーマリンガーデンへ降りる坂の途中にあります。

立て札が新しくなっており、前は読み方が「キィキャーガー」と明記されていましたが、今は「きんすうきゃーがー」と書かれていますね。

PB150001 2012-11-15 13-21-51
PB150001 2012-11-15 13-22-00
PB150001 2012-11-15 13-23-20
PB150001 2012-11-15 13-23-05
PB150001 2012-11-15 13-25-58
PB150001 2012-11-15 13-25-09
PB150001 2012-11-15 13-25-32

金志川泉は、金志川豊見親の屋敷跡より150mほど西側にある洞泉で、水壺は広くほぼ円形で水深は1mほど。開口部から水壺までおよそ30段の階段が設けられています。

潮の干満によって海水が入り込む稀塩水の為、後年飲料水としては利用されず、農地用水に使われていたようです。

ただこの泉は水中鍾乳洞となっていて、幅8mほどの横穴を進んでいくと30畳ほどのエアドームがあり、さらに奥にも続いているそうです。

なんかロマンを感じますね♪


宮古島井戸巡りその他

blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ
スポンサーサイト
12:00  |  宮古島の井(ガー)巡り  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://umibaka.blog98.fc2.com/tb.php/900-da52c9b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |