2014'11.30 (Sun)

平良の綾道④

続いて道なりに進むと「人頭税石(にんとうぜいせき)」があります。
高さ143cmほどの石柱で、薩摩藩に支配され財政的に困窮した琉球王府が宮古・八重山地方に人頭税を課し、人頭税石と同じ高さになると課税されたと伝わっていますが、実際には年齢(15~50歳)で課せられていたそうです。その他に様々な伝承が残っており、霊石信仰の対象であったとする説や、陽石、図根点とする説などがあるようです。
P1010001 2009-01-031

荷川取漁港の「丸金ストアー」手前から大和井(やまとがー)方向へ進みます。
この辺りから御嶽が続きます。
「湧川(ばくがー)マサリャ御嶽」。浦島太郎と鶴の恩返しが混ざった様な伝説がある様です。面白い!
P1010001 2009-01-033
「ウプムイ(大森)御嶽」。里御嶽として民間医者により仕立てられた御嶽だそうです。ガジュマルやクロツグなどの御嶽林が生い茂っていることからウプムイ(大森)と名付けれたようです。
P1010001 2009-01-034
「カーニ里御嶽」。所在の里の名をカーニ里と云い、里の守り神を祭ったのが始まりと伝えられていたり、仲宗根豊見親の側室が住んでいたとも伝えられているようです。
P1010001 2009-01-035
「フサティ御嶽」。14世紀頃に西仲宗根の首長保里天太の居城跡と伝えられているそうです。
P1010001 2009-01-043

歩いている途中に立派なガジュマルの木を発見。御嶽かな?と思ったら赤瓦の古民家でした。立派な家だけど住む人が居なくなると傷んでいく一方なんですね。もったいないな~
P1010001 2009-01-037
綺麗に手入れされている古民家も。仏壇がある本家(宮古では「家元(やーもと)」と言ったりします)なのかな?と勝手に想像したり。
P1010001 2009-01-039
マンホールが可愛い♪トライアスロン、クイチャー、パーントゥ、サシバかな?
P1010001 2009-01-042
三線教室と紅型衣装の体験(1000円)ができるお店を発見。今度来てみようかな!と色々なところが気になりだしまたまた脱線~~
P1010001 2009-01-040

⑤へ続く。

blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ
スポンサーサイト
08:00  |  宮古島の史跡巡り  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://umibaka.blog98.fc2.com/tb.php/1130-312337f9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |