2012'11.30 (Fri)

今日のゲスト

今日はカジタさんとヤマダさんご家族が、鍾乳洞&シュノーケリングツアーに参加して下さいました。

朝から雨が降り続くあいにくのお天気・・・
辛うじて風が弱く寒さが和らいでくれたのは救いでした。

PB300001 2012-11-30 10-18-54
PB300001 2012-11-30 11-25-15
PB300001 2012-11-30 11-28-21
PB300001 2012-11-30 12-32-04
PB300001 2012-11-30 12-59-28
PB300001 2012-11-30 13-10-09

皆さん初めてのシュノーケリングでワクワク、ドキドキ!

最初は慣れない器材に戸惑いながらも、きれいなお魚さん達に心癒されたり、ウミヘビにビックリさせられたりと皆さん大興奮でした♪

鍾乳洞でも普段滅多に味わうことの出来ない体験に、童心に返る事が出来たのではないでしょうか?

とにかく皆さんとっても元気でタフ!
ツアー中は笑いの絶えない楽しいツアーとなりましたね。
きっとツアーの疲れより、笑いすぎでお疲れになったと思います(笑)


今日は有難うございました。
またのお越しを楽しみにお待ちしております!!


blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




スポンサーサイト
17:49  |  ツアー日記(2012)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

宮古島の井(ガー)巡り⑩ 「ヒダ川(ヒダガー)」

ここ西原部落の村建ては一八七四(明治七)年に、池間島の住民の一部などが移住させられて創建され、移住の際にサバニで渡ってきて初めて上陸した海岸イーガマの近くに、このヒダガーはあります。

イーガマに上陸した人々は、近くの海岸から流れる命の水の地下水を飲んでのどを潤したとされ、このわき水が出る所をヒダガー(浜の井泉)と呼ぶようになったと言われています。

PB140001 2012-11-14 15-47-09
PB140001 2012-11-14 15-46-15
PB140001 2012-11-14 15-45-14
PB140001 2012-11-14 15-44-16
PB140001 2012-11-14 15-42-27
PB140001 2012-11-14 15-42-07
PB140001 2012-11-14 15-43-04

H17年頃に整備され、湧き水まで石畳の遊歩道が出来たみたいですが、今は辛うじてその面影が見える程度で、途中からは完全に草を掻き分けて行かなくてはなりませんでした・・・

現在は使われておらず、海岸に近いため、潮位によっては塩水の浸入を受けるようです。


宮古島井戸巡りその他

blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ


12:00  |  宮古島の井(ガー)巡り  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'11.28 (Wed)

宮古島の井(ガー)巡り⑨ 「山川ウプカー/長間ウプカー」

ウプカーの水源は長間の山川、通称長間底にあります。

近在の住民の飲料水源として上水道の全面普及(1965年)まで重要な役割りを担ってきており、民俗的にも重要な湧泉とされている。また、1970年頃には、うなぎ養殖にも利用されていたそうです。

PB140001 2012-11-14 14-55-19
PB140001 2012-11-14 14-55-27
PB140001 2012-11-14 14-57-46
PB140001 2012-11-14 14-57-15
PB140001 2012-11-14 14-56-47

湧泉までの坂道も石畳道に改良され広く利用されてきたようですが、今は石畳は草に覆われ見る影もありません。

キビ栽培の発達に伴いその役目を終えましたが、いまでもしっかりと澄んだ水が湧き続けていました。


宮古島井戸巡りその他

blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ

12:00  |  宮古島の井(ガー)巡り  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'11.27 (Tue)

今日のゲスト

今日はヤマザワさんが、鍾乳洞&シュノーケリングツアーに参加して下さいました。

雨がパラつき、冷たい北風が強く吹く中のツアーとなりました。

PB270001 2012-11-27 9-18-36
PB270001 2012-11-27 9-49-34
PB270001 2012-11-27 9-52-56
PB270001 2012-11-27 10-01-15
PB270001 2012-11-27 11-24-20
PB270001 2012-11-27 11-41-37

昨夜からの急激な冷え込みのせいで、今日は風に当たるとウェットスーツの上からでも冷たさが浸透してきます。

こういう風が冷たい日は海の方が温かく感じるくらいです。と言っても冷たいのに変わりはありませんけど(笑)

そんなコンディションでしたが、初めてのシュノーケリングと貸切の鍾乳洞で、たっぷりと宮古島の海と自然を満喫して頂けた事と思います♪


今日は有難うございました。
またのお越しを楽しみにお待ちしております!!


blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ



14:43  |  ツアー日記(2012)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'11.26 (Mon)

宮古島の井(ガー)巡り⑧ 「野城泉(ヌグスガー)」

浦底海岸に下りていく坂道の途中の脇にある湧き水。

海岸に下りていく道さえわかれば場所はとてもわかりやすいです。

PB130001 2012-11-13 16-09-08
PB130001 2012-11-13 16-10-01
PB130001 2012-11-13 16-07-12
PB130001 2012-11-13 16-08-10
PB130001 2012-11-13 16-07-35

この野城泉(ヌグスクガー)の湧水部を覆っている巨木はアコウと言って、別名「絞め殺しの木」。名前の由来は、「鳥やコウモリなどによってこの実が食べられ、別の木の枝に留まってそこで糞をする。 その糞が幹の窪みなどに溜まり、そこから糞のなかの種子が発芽し、やがて気根を下ろしその気根が幹に絡みつき、やがてその木を締め殺す」ということらしいです。


宮古島井戸巡りその他

blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ

12:00  |  宮古島の井(ガー)巡り  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'11.24 (Sat)

日常の風景

家から見える日の出(1枚目)と日の入り(2枚目)。

PB080001 2012-11-08 7-01-33
PB130004 2012-11-13 17-38-52

ただ、家の裏山から太陽が昇ってくるのは、実際の日の出時間から10分くらい経った後なので、すでに空はすっかり明るくなってます。

そして夕日も、実際の日の入り時間より40分ほど早く沈んでしまうので、なんだか損した気分になります・・・

でも、日の出日の入りはどこで、どこから、どう見ても、キレイさには抜群の安定感がありますよね♪


blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ

18:00  |  風景  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'11.22 (Thu)

宮古島の井(ガー)巡り⑦ 「ウプカー」

大和井・プトゥラガーから道を挟んだ向こうにあり、こちらは牛馬の飲村、洗濯、イモ洗いなどの雑用水として使用されていたようです。

過去に県内で発掘されている用水所としては最大規模の大きさ。

PB140001 2012-11-14 16-05-47
PB140001 2012-11-14 16-07-09
PB140001 2012-11-14 16-08-33
PB140001 2012-11-14 16-08-11

およそ50年ほど前に土砂などで埋まってしまったらしく、2004年に発掘され50年ぶりに姿を現したようです。

その頃の写真を見るとちゃんと水が溜まってるのですが、今は端の方に申し訳程度の水が溜まっているだけで、草が生茂っていました。


宮古島井戸巡りその他

blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ

12:00  |  宮古島の井(ガー)巡り  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'11.21 (Wed)

宮古島の井(ガー)巡り⑥「プトゥラガー」

大和井の手前左側にあって、こちらは一般庶民が使用していた井戸だそうです。

下まで降りると真っ暗なのでライトがあると良く見れます。

PB140001 2012-11-14 15-58-48
PB140001 2012-11-14 16-00-12
PB140001 2012-11-14 15-59-59


宮古島井戸巡りその他

blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




12:00  |  宮古島の井(ガー)巡り  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'11.20 (Tue)

宮古島の井戸(ガー)⑤ 「大和井(ヤマトガー)」

宮古島市平良にある降り井(うりが-)。名前の由来は井戸の構築に携わった者が大和人だったとか、薩摩から派遣された役人が使用してたなどの可能性があるからだとか。

首里王府派遣の在所役人など一部の者のために使用された特殊な洞井として伝承されてるようです。

PB140001 2012-11-14 15-58-11
PB140001 2012-11-14 16-04-28
PB140001 2012-11-14 16-01-20
PB140001 2012-11-14 16-03-14
PB140001 2012-11-14 16-03-01
PB140001 2012-11-14 16-01-45
PB140001 2012-11-14 16-02-25


宮古島井戸巡りその他

blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ

12:00  |  宮古島の井(ガー)巡り  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'11.19 (Mon)

宮古島の井(ガー)巡り④ 「保良井(ボラガー)」

ボラガービーチに降りる途中にある一番上のプール脇にある湧き水。

今や「鍾乳洞」で有名なボラガーですが、行った事ある人でもプールの水の源泉であるこの湧き水に気が付いた人は少ないのではないでしょうか?

PB130001 2012-11-13 16-23-17
PB130001 2012-11-13 16-22-29
PB130001 2012-11-13 16-23-57
PB130001 2012-11-13 16-22-44
PB130001 2012-11-13 16-23-34

水はとても澄んでいて、すぐ横の湧き水プールは夏になると地元のお子様連れの家族で賑わい、とても気持ちそうに遊んでいます。


宮古島井戸巡りその他

blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




12:00  |  宮古島の井(ガー)巡り  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'11.16 (Fri)

宮古島の井(ガー)巡り③ 「アナ井(あながー)」

うえのドイツ文化村の目の前、2本の道路と旧道に挟まれて三角地となった一角にあります。

アナ井は自然に落ちこんだ堅穴状の洞穴泉に手を加えたもので、地上入口から清水口までの高低差は12~3メートル前後となっていて、入口から底部の湧水口まではかなりの急勾配で落ち込んでおり、歩幅の狭い階段が小刻みに続いています。

ですので、普通の階段の感覚で降りて行くととても危険なため、前方はなるべく立ち止まって確認し、足元から目を離さないように歩くのがコツですかね。

PB130001 2012-11-13 14-40-19
PB130001 2012-11-13 14-40-58
PB130001 2012-11-13 14-41-42
PB130001 2012-11-13 14-41-56
PB130001 2012-11-13 14-42-10
PB130001 2012-11-13 14-42-35
PB130001 2012-11-13 14-43-29

史跡説明板には「宮国村の番所跡の東に位置しているので当時の役人たちによって「東井」と呼ばれていて、水道が普及するまでは、宮国住民の生活を支える負重な水滴であった。夜も、昼も、ひっきりなしに人が集まり、水くみ、せんたく、水浴などでにぎわっていた。」と記されている。

ここも一番下の井戸がある所は真っ暗なのでライトがあるといいかも。


宮古島井戸巡りその他

blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ

12:00  |  宮古島の井(ガー)巡り  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'11.15 (Thu)

宮古島の井(ガー)巡り② 「友利あま井(ともりあまがー)」

城辺町砂川と友利の境にある自然洞窟。

二回の地殻変動で形成されたと推測されるうりがーで、深さは約20メートル。石段が施され、奥にはいまでもきれいな水をたたえています。下まで降りると真っ暗なのでライト必須です。一人だとちょっと怖いです!

(うりがーとは、地の底へ石段をおりて汲む然洞穴井戸(洞穴泉)のことで、地表を流れる川のない宮古島で人々はうりがーを中心に集落をつくり、 暮らしをたててきたそうです。)

PB130001 2012-11-13 14-25-10
PB130001 2012-11-13 14-25-36
PB130001 2012-11-13 14-31-10
PB130001 2012-11-13 14-26-36
PB130001 2012-11-13 14-26-47
PB130001 2012-11-13 14-28-00
PB130001 2012-11-13 14-29-02
PB130001 2012-11-13 14-29-30

友利、砂川、新里元鳥の人々はこのあま井を水源に利用したと考えられており、近年にいたってもあま井の水源は飲料水として付近の部落の人々に利用されている。

部落の女子は水を運ぶのが日課であり、1日の半分を水汲み仕事に費やしていたそうですが、1955(昭和30)年にあま井を水源とする友利、砂川簡易水道が開設され、あま井を往復する仕事からようやく解放されたとのこと。

それだけ水は人にとって無くてはならない、重要な存在なんだと改めて思い知らされますね。


宮古島井戸巡りその他


blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ



12:00  |  宮古島の井(ガー)巡り  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'11.13 (Tue)

宮古島の井(ガー)巡り① 「ムイガー」

「ガー」とは、地下にたまった雨水が湧(わ)きだすところ。住民の大切な生活用水として利用されてきました。 

ムイガー断崖の崖下にある湧水。

断崖絶壁、足場の悪いけもの道のような所を下っていくのですが、もちろん手すりのようなものはなく、手をかけるような所すらないので、足元には十分気をつける必要があります。

自分はサンダルで行ってしまった為ちょっと怖かったです・・・

PB130001 2012-11-13 14-06-03
PB130001 2012-11-13 14-02-37
PB130001 2012-11-13 14-06-55
PB130001 2012-11-13 14-04-06
PB130001 2012-11-13 14-01-36
PB130001 2012-11-13 14-02-15

今は湧き水の近くから道が整備されたようですが、途中から柵があって湧き水の所まで行けなくなっているみたい?ですので、上から眺めるだけの方が無難かもしれませんね。


宮古島井戸巡りその他

blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ


17:50  |  宮古島の井(ガー)巡り  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'11.10 (Sat)

「楽園」

↑って勝手に呼んでるポイント(笑)

別に珊瑚が特別キレイなわけでもなく、透明度はむしろ悪い部類になるポイントだけど、「魚好き」(食べる方)にはたまらない奴らの宝庫です!

PB080001 2012-11-10 15-25-27
PB080001 2012-11-10 14-43-04
PB080001 2012-11-10 14-43-16
PB080001 2012-11-10 14-46-39
PB080001 2012-11-10 14-50-42
PB080001 2012-11-10 14-52-42
PB080001 2012-11-10 14-48-02
PB080001 2012-11-10 15-10-13
PB080001 2012-11-10 15-10-28
PB080001 2012-11-10 14-58-49

上からイシガキダイ・アヤコショウダイ・コロダイ・スジアラ・アジアコショウダイ・ツバメウオ・キツネフエフキ・ヒメフエダイ、その他写真に撮れなっかったの多数。(名前間違っていたらご愛嬌♪)

中でもキツネフエフキとヒメフエダイの数百匹もの大群(時たまバラフエダイ)のコラボは圧巻でした!!

カメもコバンザメを引き連れた両手を広げても間に合わないようなのが3匹、小さいのを合わせたら6,7匹。


ここは3年半ぶりくらいに来ましたが、相変わらずニヤニヤが止まりませんでしたよ♪


blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ



17:43  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'11.07 (Wed)

今日のゲスト

今日はカトウさんが、コーラルガーデンシュノーケリングツアーに参加して下さいました。

今年もまた遊びに来てくださいまして有難うございました♪

PB070001 2012-11-07 13-27-51
PB070001 2012-11-07 14-18-39
PB070001 2012-11-07 14-15-27
PB070001 2012-11-07 14-00-43
PB070001 2012-11-07 13-47-34
PB070001 2012-11-07 14-07-13

宮古島に来られてから体調を崩してしまい、ツアーを今日に延期しての開催となりましたが、こう言うのもなんですが、体調を崩されたのが吉と出たみたいです(笑)

もともと悪天候でツアー自体危うかった延期前と比べたら、天気は何倍も良いですし、海もかなり穏やかになり、最高に気持ちの良いコンディションで泳ぐ事が出来ましたからね♪

1週間分を取り戻す勢いで楽しんで頂けた事と思います!

今回はいつものお二人の相棒と都合が合わずお一人の宮古島旅行という事でしたが、一人旅の味も占めたようで、またまた宮古島にどっぷりはまってしまったのではないでしょうか。


今日は有難うございました。
またのお越しを楽しみにお待ちしております!!


blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ



16:45  |  ツアー日記(2012)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'11.04 (Sun)

今日のゲスト

今日はマスミさんとナカモトさんが、コーラルガーデンシュノーケリングツアーに参加して下さいました。

またマスミさんの宮古島仲間が1人増え、さらに賑やかになっていきそうですね(笑)

PB040001 2012-11-04 13-24-22
PB040001 2012-11-04 14-02-47
PB040001 2012-11-04 14-03-48
PB040001 2012-11-04 14-23-27
PB040001 2012-11-04 14-12-38
PB040001 2012-11-04 14-10-12

ずっと天気予報では雨マークで、波も高く、風も強いといった状態だったので、昨夜まではもしかしたら開催出来ないかもと心配していましたが、実際ツアー当日になってみたら驚くほど海が穏やかでビックリ!

しかも風向きのおかげで、夏場にしか入れないポイントにこの時期に入る事が出来てさらにラッキーでした♪

マスミさんは置いといて、ナカモトさんは海に入るのはかれこれ7年ぶりだと言う事もあり、ちょっと緊張気味?

でも、やっぱり体が覚えてるもので、難なく沖まで出る事が出来て、キレイな宮古島の海を堪能して頂けた事と思います。

今回は残念ながら鍾乳洞は中止になってしまいましたので、ぜひまた近いうちに遊びに来てくださいね♪


今日は有難うございました。
またのお越しを楽しみにお待ちしております!!


blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ



17:06  |  ツアー日記(2012)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2012'11.02 (Fri)

今日のゲスト

今日はサオトメさんとマツナガさんが、鍾乳洞探検ツアーに参加して下さいました。

今にも雨が降り出しそうな空模様に強い風。かんかん照りの日差しもまた困ったものですが、お二人にはまだ今日くらいの天気でちょうど良かったようでした。

PB020001 2012-11-02 12-58-13
PB020001 2012-11-02 13-23-41
PB020001 2012-11-02 13-37-47
PB020001 2012-11-02 14-10-04
PB020001 2012-11-02 13-57-29
PB020001 2012-11-02 14-20-05

この時期にもなると人が少なくなり、鍾乳洞は静けさを取り戻して神秘性が増してきます。

貸切とまでは行きませんでしたが、たっぷりと探検を満喫し、これでもかと言うくらいマッタリすることができましたね(笑)

お二人とも沖縄旅行に行ってもマリンレジャーはしてこなかったと言う事なので、これをきっかけにもっともっと海に興味を持っていただけたら幸いです♪


今日は有難うございました。
またのお越しを楽しみにお待ちしております!!


blogranking.gif

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ



17:27  |  ツアー日記(2012)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |